一覧に戻る

ベースメイクがモロモロしちゃう…。どうにかならない?対処法まとめ

朝、洗顔をして化粧水や乳液などをつけて、「さてメイクしようかな」と化粧下地を塗ったら、塗ったそばからモロモロと消しゴムのカスのようにモロモロしてきちゃった……

こんな経験ありませんか?

「メイクをやり直すのはめんどくさいけど、肌に伸ばせば伸ばすほどモロモロがひどくなっていくばかりだし、もうどうしたらいいの!!」って思ったことがある人は多いはず。それで使わなくなってしまった化粧品もあるのでは?
でも、このモロモロ、ちょっとしたコツで出ないようにできるんです。

今回は、モロモロへの対処法をまとめてみました📝💓

 

モロモロの原因は何?

化粧下地を塗った後にモロモロとしたカスが出る原因として考えられるのは、スキンケアアイテムや下地のどちらか、もしくは両方にポリマー素材やシリコン素材が含まれていることです。

これらは肌表面に皮膜をつくって肌の潤いを保つ働きをする成分ですが、その皮膜がメイク時にこすられて剥がれるとモロモロになってしまいます💭

特に、スキンケア後すぐに下地をつけると、スキンケアアイテムに含まれたポリマーやシリコン成分が皮膜として肌に定着する前にこすられてしまうことになるので、モロモロが生じやすくなります。

 

モロモロが出やすくなるスキンケアアイテムは?

ポリマーやシリコンが多く含まれているスキンケアアイテムのひとつが、オールインワンゲルに代表されるゲル状化粧品です。ゼリーのようにプルンとした使用感が心地よく、また、時短ケアアイテムとして人気ですが、朝に使うのは避けたほうが良いかもしれません。

また、毛穴をカバーするパテ系の化粧下地にもシリコンが含まれていることが多いため、こういったアイテムは広範囲に塗らず、できるだけピンポイントで使用するようにしましょう。

 

モロモロを防ぐにはどうしたらいい?対処法まとめ

ベースメイクをモロモロさせないためには、以下に気をつけてみてください☝🌱

①朝は、ゲル状化粧品は避け、化粧水や乳液など肌に浸透しやすいアイテムを使う

②スキンケア後は、成分を肌に浸透させるようにハンドプレスをする

③スキンケア後、5分以上おいてからベースメイクをする

④毛穴パテ系の下地は避けるor ピンポイントで使用する

⑤下地をつけるとき、強くこすらない

 

モロモロに困っている人は、ぜひ試してみてくださいね。