一覧に戻る

これはダメ! ダイエット中に食べてはいけないコンビニ食品

栄養満点のお弁当から、おにぎりや調理パン、お惣菜、スイーツまで、買ってすぐに食べられる食品が豊富にそろうコンビニ。

確かに、量が少なくてヘルシーと話題の食品もたくさんあるけれど、実際は、おなかいっぱい食べたい人向きの食べ物もたくさん並んでいるんです◎

そこで重要になってくるのが、ダイエット向きかそうでないかの見極めテク!

カロリーだけでなく糖質もチェックして! お弁当やパスタ、麺類は要注意

意外に糖質が高いのが、白ご飯と乾麺!

医師が推奨する糖質制限ダイエットでは、1日の糖質摂取量の上限を130g程度としているケースが多いのですが、白ご飯や乾麺を使った食品の中には、80g以上の糖質を含むものもあるので注意が必要です。

コンビニ食品のパッケージやラベルには、カロリーや糖質(炭水化物)などの栄養成分が表示されているので、購入前は必ずチェックしてくださいね◎

 

ちなみに、糖質としての表記がないことがありますが、他の成分から計算できるようになっていますので、

「炭水化物ー食物繊維=糖質 ※単位はg(グラム)」

と覚えておくといいですよ♪

菓子パンや調理パンもグッと我慢!

菓子パンや調理パンは全体的にカロリーが高いです。たとえば、香ばしくておいしいメロンパン。

糖質はごはん1膳分程度ですが、カロリーは400kcalくらいあるんですよ!メロンパンひとつで1食分のカロリーを摂取しちゃうのは、もったいないですよね?

 

レジ横の中華まんやドーナツも、ダイエット中は見て見ぬフリを!

どうしてもパン類が食べたい時は、低カロリー低糖質の「ふすまパン(ブランパン)」を選ぶといいでしょう♪

お菓子の棚には近寄らないで!

ダイエットをしている限り、お菓子は全面的にNG。

ノンフライのスナック菓子ならいいかな?

と思うかもしれませんが、その分のカロリーと糖質は食事で補うべき。

その方がだんぜんキレイにやせられますよ。

 

スイーツやアイス類も同様です。

低糖質プリンや低糖質アイスという選択肢はありますが、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を◎

 

 

いかがでしたか?

ダイエット中は、低カロリー低糖質で栄養価の高い食材をバランスよく取り入れるようにしてくださいね。

それがキレイにやせるための大原則ですから♡