一覧に戻る

なぜかいつもうまくいかない…無意識「恋愛クラッシャー」に共通する3つのNG言動

「気になる男性といい感じにはなれるのに、なぜかいつも恋愛関係に発展しない」「つきあっても関係が長続きしない」

思い当たるあなたは、無意識に恋愛関係を壊す言動をとってしまっているのかも😶💭
そこで、恋愛関係を台無しにしかねない言動3つをピックアップしてみました。

 

物事をスピーディーに進めようとしすぎる

つきあう前に肉体関係をもってしまうのはもちろん、関係を急いで詰めすぎるのはあまり良いとはいえません。

本来、他人同士が親密な関係になるってとっても難しいこと🌱
だって、生まれた場所も育った環境も見てきた景色もまったく違うのですから。

「この人ステキ!」と感じたら、「もっと知りたい」「早くもっと仲良くなりたい」と思うのは当然。
でも、そこで関係を一気に築こうとすると、そのスピードに流されて相手の本質が見えなくなってしまうかも。
「つきあってみたらなんか違った」なんてことになりかねません。

大切にしたい関係こそ、焦らずじっくり相手に向き合い、また同時に、自分自身の気持ちともしっかり向き合いたいものです。

 

早い段階でシリアスな打ち明け話をしてしまう

大人ならきっと誰しもひとつやふたつは持っている、悩みや過去のトラウマ。
「私のこともっと知ってほしい」という気持ちが強いと、ついついカレに打ち明けたくなってしまうものです。

でも、そういった心の琴線に触れるような大切な話に触れるのは、ふたりの関係がある程度成熟してからにすべき。
秘密はふたりの関係を深めてくれるものではありますが、つきあっていない段階でシリアスな部分に触れるのはちょっと早すぎるかも。

「この子は誰にでもこうなんだろうな…」「重たい子だな…」などと思われかねません。

それに、恋のはじまりは、“楽しいだけ”でも十分🌈
メールや電話をしたり、デートをしたり、楽しいことだけを共有するのがいちばんです。

 

人の悪口を言う

同僚や女友達・家族などの愚痴や悪口を言うのはNGです。
「余裕がないんだな」「自分に自信がないのかな」などと思われてしまいます。

それに、悪口をいっているときの顔は、自分で思う以上にブサイク!
男性にとってはマイナスイメージでしかありません💔

カレとの関係が親密になればなるほど、つい心のままに文句や愚痴などを口にしてしまいがちですが、一呼吸おいて、本当にそれをカレに言うべきなのか考えるようにしましょう。